1234567TOTAL
幕西ファイヤーズ40020107
打瀬ベイバスターズ10100024
強豪・打瀬ベイバスターズを破り、
ファイヤーズとして美浜区の大会では平成13年春Aゾーン以来となる
16年ぶりの優勝を飾りました!

この3ヶ月で本当に大きく成長したと思います。優勝おめでとう!

先週日曜日の公式戦ダブルヘッダーを連勝し、勢いに乗るファイヤーズBチーム。
今週は美浜区の決勝戦でした。

 

対戦相手、打瀬ベイバスターズとは
4年生の春の大会に1-20で大敗して以来、1年3ヶ月ぶりの対戦。
みんなあれから大きく成長したものの、それは相手も同様。
挑戦者の気持ちで臨む試合でした。

 

少し緊張した空気の中、試合開始。


1回表、先攻のファイヤーズは、トップバッターがきれいな流し打ちのヒットで口火を切ると、
盗塁の後、2番バッターがレフトオーバーのタイムリーツーベースヒット!先制点を奪います。
すると、さらに2本ヒットが続き、試合開始からいきなりの4連打。
その後スクイズも決まり、ワイルドピッチもあって、幸先よく4点を先制します。

 

対する後攻のベイバスターズは1回と3回に三塁打・本塁打で
1点ずつを返し、2点差に迫ります。

 

迎えた4回表、再び1番からの打順となったこの回は
じっくり二つの四球を選び盗塁も絡めてノーアウト2・3塁のチャンスを作ると、
3番バッターがこの日2本目となる右中間への2点タイムリーヒットを放ち、
再び4点差に。
試合の流れを大きくファイヤーズに引き寄せます。

 

この日、ファイヤーズのエースは、先週以上にコントロールが安定。
テンポよくストライクを投げ込んでいきます。
そうするとバックも好守でエースを盛り立てます。
投球制限の5回を2失点。無四球の好投でした。

 

6回表、さらなる追加点が欲しいファイヤーズは、
1アウトから四球を選んだものの、残念ながら盗塁死。
相手ベンチが盛り上がり、少し嫌な雰囲気となりますが、
3人で終わりたくないこの場面で、先制点をたたき出した2番が
ファウルで9球粘りを見せ、10球目をレフトオーバーの2塁打。
流れを簡単に相手に渡しません。

 

そして、ピッチャーが意気消沈したところを、この日絶好調の3番バッターが
3本目となるタイムリーヒット。
ポイントゲッターの面目躍如で、ダメ押しに近い7点目を奪いました。

 

6回からは、ファイヤーズのクローザーが登場。
ベイバスターズは、1番から始まる好打順でランナーを2人出すものの、
後続をきっちり抑えて、得点を許しません。

 

最終回、粘るベイバスターズは、先頭打者が2塁打。
続く打者も三遊間に鋭い当たりを打ちましたが、これをサードが好捕。
落ち着いて1塁へ投げ、貴重な1アウトを取りました。

 

その後ランニングホームランで2点を返されますが、反撃もここまで。
注文のつけどころのない試合を決勝の試合でやってのけ、
打瀬ベイバスターズに勝利!

 

平成13年春季大会のAゾーンの優勝を最後に
ファイヤーズから16年遠ざかっていた美浜区の優勝をついに手にしました!


今年度のBチームは、開幕となる3月の美浜区春の大会で
初戦、昨年千葉市2位の磯辺トータスに0-9に敗れるなど
苦難からスタートしました。

 

しかし、ゴールデンウィークの連休を活かした終日練習で基本を固め、
公式戦での接戦を制した経験で自信をつけた結果が、
今回の優勝に繋がったと思います。


正直、こんなに短期間で結果が出るとは想像していませんでしたが、
これは、みんなに秘めた力があることの証明だと思います。

 

まだまだ発展途上のBチーム、秋は大目標の千葉市秋季中央大会があります。
これから厳しい夏の暑さが待っていますが、これからも挑戦者の気持ちで
もう一段階上のステップを目指し、がんばっていきましょう!


ファイヤーズBチーム、美浜区夏季大会の優勝おめでとう!